試作や思索 ただのさえずり

ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「出張ルーニィ 写真へようこそ!」に参加します。

年明けに岡山で開かれる「出張ルーニィ 写真へようこそ!」で
岡山のエスプリ・ヌーボーギャラリーに、私の作品が数点出張することになりました。
祝☆初関西!

この展覧会は2年ほど前から親しくさせていただいている額工房+ギャラリー
を四谷で営むルーニィ247フォトグラフィさんの企画です。

ジャック・サルさん、安田雅和さん、私の3人展。
ジャックはガラス・エッチングやクリシェ・ベール、ヴァン・ダイクプリントを
組み合わせた写真だけどカメラを使わない抽象絵画のような作品。
安田さんは湿板コロジオンという19世紀の写真技術で植物を印画しておられます。
お二人とも古典写真の技術を駆使しておられます。
二人の作品は写真が絵画と地続きだったことを濃厚に感じさせるもので興味深いです。
モチーフを植物で、ということで私の作品はクローバー柄の絵を撮った作品が
選ばれました。

岡山のギャラリーをお借りして開かれる、小粒だけどピリリと辛い!展覧会です。
(2012年1/11〜1/16です)
どうぞよろしくお願いします。


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
松戸の美術100年史展無事終了/朝日新聞千葉版


松戸の美術100年史展無事終了いたしました!
松戸市内でも僻地の開催でしたが見てくださった皆様ありがとうございましたm(_ _)m
今回の展示は自分の不手際もあり、担当の学芸員さんにとてもとても尽力&
フォローいただいて実現できたもので展示を全うできて感慨深いものがあります。
(展示はどれも感慨深いですが)

最終日の朝、
朝日新聞千葉版に書いていただいて私の作品にも触れていただきました。
(クリックで少し拡大されます)
心なしか、最終日はお客さんもたくさんいらして会場がにぎやかで
ありがたかったです。

来年もこつこつ作れれば。。と思ってます。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
再度ご案内。
 展覧会・イベントのご案内

秋の陽気となってまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
斎藤ちさとです。
現在、松戸市立博物館にて行われる「松戸の美術100年史」展に参加しております。(11月27日(日)まで)
私は新作の写真3点と、10分と8分の映像作品を出品しています。

博物館のある八柱(新京成線八柱またはJR武蔵野線新八柱駅)という町は、素敵なカフェがある街。
中でも、スローコーヒー八柱店の「ちょっとすごいコーヒー」は本当に美味しいコーヒーです。
そのスローコーヒーさんに提案いただきまして、ランチ+博物館ツアーを11/13(日)と11/26(土)に企画しました。

スローカフェに集合して、ランチをいただいた後に、10分ほど歩いて博物館にご案内します。
僭越ながら、私がガイドを務めさせていただきます予定です。
博物館の「松戸の美術100年史」展を見た後は、一旦解散とします。

同時期に松戸駅周辺でアート系イベント松戸アートラインプロジェクト2011が行われています。
こちらに参加しているコイケジュンコさんの作品のポスター写真の撮影を担当しまして、裏方として参加していますので、お時間に余裕のある方にはこちらもご案内しようかと思っています。
ちなみに松戸アートラインにはスローコーヒーの社長、ojaさんもラッパーとして参加されるとのこと。

詳細とお申し込みはこちらからお願いします。(参加費は1300円です)

http://slowslowslow.sblo.jp/article/48865567.html

ご都合よろしければ、お出かけくださいませ!
どうぞよろしくお願いいたします。

斎藤ちさと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
「松戸の美術100年史」展
会期:平成23年10月8日(土)から11月27日(日)まで  
会場:松戸市立博物館企画展示室(松戸市千駄堀671番地)
サイト:http://www.city.matsudo.chiba.jp/m_muse/exhibition.html
観覧料:一般300円 高校生・大学生150円(中学生以下は無料)        
  ※21世紀の森と広場は無料      

主旨:  1911(明治44)年、洋画家の堀江正章は、松戸に創設されて間もない千葉県立園芸専門学校(現在の千葉大学園芸学部)に、花を描くために通いました。それから大正、昭和を経て今日までの松戸に住んで活動した作家たちの主要な作品を紹介し、一世紀にわたる松戸の近現代美術史を回顧展望します。             

出品予定作家:徳川昭武、堀江正章、田中寅三、和田香苗、宮之原謙、
板倉鼎、丸木位里・俊、山口正城、奥山儀八郎、長田国夫、大橋正、原安佑、赤穴宏、郡司和男、石井武夫、山川輝夫、原直久、原大介、北郷悟、保科豊巳、千崎千恵夫、紫牟田和俊、間島秀徳、小滝雅道、斎藤ちさと、片山健、山本久美子
スローカフェ+松戸の美術100年史展
11月27日まで松戸市立博物館にて行われている「松戸の美術100年史展」に
参加しています。
私は写真と映像を出品しています。

11月13日(日曜)と11月26(土曜)には博物館から徒歩10分にある
スローカフェさんと協力して、コーヒー+博物館ツアーを企画しています。
スローカフェでランチをした後に、私が博物館の展示にご案内するツアーです。

お申し込みはコチラです!→http://slowslowslow.sblo.jp/article/48865567.html

美術館とか展覧会とか行ってみたいけど行きづらいわ。
という方の参加をお待ちしています。

よろしくお願いいたします!!


JUGEMテーマ:アート・デザイン
松戸100年展始まりました。

松戸市立博物館での松戸の美術100年史展が今日から始まっています。
私は展示室内に3枚組の写真、ロビーに2面の映像作品を展示しています。
映像は最終的に3m幅の支柱に投影しています。

実は今回現場に入ってみてたくさん問題があることが発覚して、
映像をきちんと展示できるのかどうか
一昨日の午後まで雲行きの怪しい状況が続いて緊張していました。
美術館準備室の学芸の方と丹青ディスプレイの方の尽力により、
博物館の学芸部の方の理解が得られてようやく実現にこぎつけました。
感謝いたします。

今までにない経験ができて、勉強になりました。
今後の人生に反映させなくちゃ。^^

ご近所のSOLW Cafe とコーヒー+博物館ツアーも計画しています。
また11月に同じく市内で開催の松戸アートラインプロジェクト2011
私は今年度はエントリーしていないのですが、今回参加する友人アーティストの
コイケジュンコさんの作品制作でカメラマンを担当する予定です。
エネルギッシュな彼女の作品に参加するのは未知数でとても楽しみ。

こちらも追々お知らせしたいと思いますので、
併せてよろしくお願いいたします。
松戸の美術100年史展
間もなく開催の以下の展覧会に新作の写真と映像を出品します。
博物館での展覧会で、私は展示室とロビースペースの展示になります。
県外からは少し不便な立地ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

会期:平成23年10月8日(土)から11月27日(日)まで  
会場:松戸市立博物館企画展示室(松戸市千駄堀671番地)           21世紀の森と広場(松戸市千駄堀269番地)   
観覧料:一般300円 高校生・大学生150円(中学生以下は無料)          ※21世紀の森と広場は無料      

主旨:  1911(明治44)年、洋画家の堀江正章は、松戸に創設されて間もない千葉県立園芸専門学校(現在の千葉大学園芸学部)に、花を描くために通いました。それから大正、昭和を経て今日までの松戸に住んで活動した作家たちの主要な作品を紹介し、一世紀にわたる松戸の近現代美術史を回顧展望します。             

出品予定作家:徳川昭武、堀江正章、田中寅三、和田香苗、宮之原謙、          板倉鼎、丸木位里・俊、山口正城、奥山儀八郎、長田国夫、        大橋正、原安佑、赤穴宏、郡司和男、石井武夫、山川輝夫、         原直久、原大介、北郷悟、保科豊巳、千崎千恵夫、
       紫牟田和俊、間島秀徳、小滝雅道、斎藤ちさと、片山健、
       山本久美子


主催:松戸市教育委員会                      
助成:芸術文化振興基金、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団   
後援:JOBANアートライン協議会



2階の常設展。
明治政府によってとり潰しとなった普化宗の総本山、一月寺の資料室です。
江戸時代は松戸に虚無僧が集結していたのですね。
想像するとかなり可笑しい!

団地マニア(?)の聖地と呼ばれる常盤平団地内部の原寸大レプリカも見応え
ありです。


echo°
 昨年より親しくさせていただいている大森の圓能寺で今週の土曜日に
チャリティイベントが行われます。
落語やライブやダンスやVJや写真展などなど盛りだくさんの内容で、
バンドウジロウもソロライブで参加します。
お時間ある方はお運びくださいますよう、よろしくお願いいたします。


*バンドウの出番は16:45頃予定だそうです。
(間違って最初に18:30と書いてしまいましたので訂正します。ごめんなさい。。)
スローカフェ搬入完了
 
写真:バンドウジロウ

昨日スローカフェにもろもろ納品&設置してきました。
上はタンブラーとマルチペーパー(水彩5枚+写真2枚)セット。



向かいの壁にはマルチペーパーの原画(描きおろし♣)を5点を横並びに、
また旧作の写真を新たにプリントして5点たて並びに。


カフェの廊下にはインクジェットで伸ばしたものと原画を設置しました。
手前の黒っぽい色は深煎りのコーヒー豆に近づけてます。

作業後、スタッフの方と美味しいコーヒーをいただきながら
放射線談義。から未来にむけて如何にサバイバルするか。
白熱。
世代は違えど危機意識を共有しつつ、アイディアを出し合って前向きに考える
ことが出来ればいいな。と思っています。

カフェメニューはマクロビオテックを基本にした玄米食メニューで
水にもこだわりがあるそうです。デトックス効果満載!
ホットスポットのオアシス的な場所になるといいな。

来週末6/25にはバンドウジロウのライブを予定しています!
ライブの日限定でクローバーチップを抜いたビニール(本邦初公開)も設置します。
どうぞよろしくお願いします!!

お問い合わせ先は:047-703-9700 スローカフェまで。

バンドウ五十路にして初個展


バンドウジロウが五十路にして初個展中です!
携帯写真は搬入中の様子。
今回は理趣経という密教の教典がモチーフになっています。
最終日には僧侶の高山龍智氏の声明とバンドウがギターで
ライブの予定。

理趣経に関しては、真言宗の僧侶、佐々木大樹さんと圓能寺の照和さん
にお話を伺う機会をいただいて(私もちゃっかり同席)
改めて仏教は面白いなぁ。と感じる次第です。

近所にはタロウナスGや馬喰町ART+EATもあります!
ギャラリー巡りの際は是非コースにいれてください。
どうぞよろしくお願いします。

ソーン・ツリーギャラリーで6/11まで

JUGEMテーマ:アート・デザイン
スローカフェとのコラボいろいろ
 

都立大学から松戸に引っ越して20年が経ちました。
今は大分整理されてきましたが、引っ越した当初は駅前はキャバクラや
「松戸ヌードA級」という劇場が立ち並ぶ相当に猥雑な街で、
早くここから出ていってやる。
と意気込んでいたものですが、家賃やアトリエの作業スペースの関係で
ずるずると20年が経過しました。

とかなんとか文句言いつつ、松戸には実は「桁外れに美味しい!」
市外からも県外からも食べにくる価値あり。
と太鼓判を押せる店が少なくとも3店あります。

1:タージマハルのカシミールカレー
2:鳥まつの焼き鳥
3:スローコーヒーのちょっと凄いコーヒー

いい仕事してます。
タージマハルのカレーを食べた次の日は体調が良いし、
長野の伯父が上京すると、鳥まつの焼き鳥食べたい。
と言ってきます。
スローコーヒーの「ちょっと凄いコーヒー」を飲んでしまうと
ス○バやド○ールでコーヒーを頼む気がしなくなります。
この3店の味、どれもアウトという方とはご縁がなかったことにしています(笑。
食べ物の趣味と芸術の趣味は繋がっているから。
いや、まじで。

スローコーヒーは八柱というところにカフェがあるのですが、
カフェの廊下の壁を使って何かできませんか?
という相談を受けました。


どうしようかと話しているうちに311の震災があり、
原発やエネルギーシフトの問題が出てきました。
既にご存知の方も多いと思いますが、
柏松戸流山三郷は放射線値の高いホット・スポットとして悪名高いエリア。
公園など緑あふれる場所で今だ0.5マイクロ前後が観測されるという(泣。

そんなこともあり、
ふと、今クローバーモチーフのドローイングいいんじゃないか?
という気がしています。

次世代エネルギー=グリーンエネルギーという言葉を意識して、
クローバーのモチーフに再び向かい合うことにしました。
コーヒータンブラーやマルチペーパーも制作中です。
6月中旬には詳細をお伝えできると思います。

6/25にはバンドウジロウがろうそくの光の中でライブを行う
イベントも企画ちうです。