ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Instagramアカウント(作品用) | main |
「ソーシャルディスタンスに配慮した」お茶会は可能だろうか?


「またお茶会出来る世界が早く戻りますように!」
最近、お茶友達とやりとりした後の挨拶にこんな言葉が交わされるようになりました。
こんなことになろうとは1年、いや半年前にも予想もしなかった世界を今私たちは生きていて
、しかもそれは想像以上に長い期間になりそうなのです。

この事態が来るだいぶ前からギャラリーカメリアの原田直子さんとお茶イベントを
計画していました。
2月には食品衛生責任者の資格を取り、意見交換を重ね粛々と準備を進めて、
今はどのような形ならば実現可能か協議を重ねているところです。

お茶会といえば、茶道ならば小さな座敷で親密にお菓子をいただいて、
同じお茶碗で回し飲みをしたりします。
いわゆる「密」というのにストレートに該当します。
また私が仕事で携わってきたようなお茶イベントも複数名でテーブルを囲んだり「密」の状態になり易い。
お茶は人と人を密にさせる性格のメディウムであるし、
「お茶を飲む」は「(酒を)飲みに行く」と同義で
おしゃべりする、腹を割って話すことの置き換えでもあって、
それが「お茶を飲む」醍醐味だったはず。
それらを捨てなくてはならない状況に今なっています。

では、「ソーシャルディスタンスに配慮した」お茶会は可能だろうか?と考えて可能性を探っています。
つまり人と人が距離を持つことを肯定的に捉えられる場。ということ。

2メートルのテーブルの端に座って2人。ビニールで仕切れば3人、ギリギリ4人行けるかな。
会話は静かに発声するか筆談、または喋らない。
淡々としたアイコンタクトを対話の核としてお茶を味わう。静かな時間を共有する。
というのがルール。

茶道ではない「お茶を飲みましょう」は「おしゃべりしましょう」を意味する言葉だったのが、
本当に言葉通り「お茶を味わう」「静かな時間を過ごす」に変更可能なのかどうか、と考えます。
その時間を供にするのは静かな時間が苦痛でない相手で、
同席する人同士の信頼関係が最低限必要になります。
そこは茶道のお茶会にヒントがありそうですが。 静かな新しいコミュニケーションが開ければ良いな。

紅茶以外の日本茶(抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶)にはエピガロカテキンガレートといって
ウィルスの働きを抑制する成分があります。
そのカテキン成分はcovid-19にも効果を表すと何人かの医師がレポートを書いています。
ウィルス本体から出ているモケモケの部分をカテキンが覆って、ウィルスの働きを無効化
するらしいから、最近はその場面をイメージしながらお茶を飲むようになりました。
茶カテキンが今後人類の味方となってくれるのを願うばかりです。