試作や思索 ただのさえずり

ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018年の5月備忘録 | main | re:market >>
気泡シリーズについて2018年に思うこと。
前回の備忘録の続きです。
気泡シリーズについて、制作について改めて考えています。

気泡シリーズの写真を始めたのは2005年のことで今年で13目。
当初は動画の素材を描く資料として写真を撮り始めました。

気泡はモチーフというよりはフィルターのような存在で、
本来モチーフは人間の中空性といったところで、
風景を映らせ水墨画を下敷きにした画面を構成したり、
植物を撮って17世紀オランダのヴァニタス画のオマージュとしたりして展開しています。
しかし同じテーマやモチーフで続けると、3年目くらいから
「また?」という反応が出てきます。
別にどのような捉え方をされようが構わないのですが、
私自身としては一度きりで止めるつもりもなければ一生続けるつもりもなく、
撮りたいものができれば淡々と向き合って作ってきました。
本当を言えば、過去作の米ドローイングもクローバーチップのインスタレーションも
終了したというよりは一旦止めた。という方が近いです。
タイミング次第では再開する可能性も大いにあると思っています。

なので人様からどう思われようと言われようと、これ撮りたい。とモチベーションが
続く限り撮るでしょうし、撮りたい対象がなくなれば止めようくらいの気持ちでいます。
また当初からこれだけは。と思うのは
このシリーズは「気泡」というモチーフをネタとして消費しない。
ということでした。
アイディアが次々に生まれることは喜ばしいことですが、一度きりで納得できる
ものは中々作れません。
それにはある程度の点数が欲しかったこと、そしてそれらを制作時期が違うものを混ぜて
構成したものが自分で見て見たい。という想いがありました。
今回茶の実倶楽部で新旧作を同じ空間に並べて、自分の仕事を改めて考える機会となりまして、
もう少し続くかなー。という気持ちを改めて持った13年目の初夏の雑感。
中興の初心(?)として忘れないように記録したいと思います。