ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アートと暮らす | main | 凡庸と向き合う >>
煩悩を飲む



茶。
という文字は一〇八という数で出来ているんだよ。知ってるかね?
と接茶仕事に入ったばかりの頃、よく見かけるお客さん(元大学教授らしい?) に聞かれた。

草冠は十が二つ。八、十、八。
88は八十八夜でそれに20足すと百八。
一〇八はあらゆる煩悩を表す数で(除夜の鐘でつきますね) その数を飲み込むのは、煩悩を飲んでしまうことになる。と。

お茶を飲む。というのは煩悩を飲み込むことになり、つまり喫茶という行為は悟りに近づくことなのだ。って。

来年の展覧会はこんなことをぐじぐじと考えて出来たものになりそうです。
最近あの爺様にお会いしてないけど達者でおられるかしら。

Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK