ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< しつこく山 | main | Camellia sinensis(茶の樹) >>
山居0224


3年ほど前に読んだ千宗屋さんの「茶 利休と今をつなぐ」
を再読しました。
お茶を習い始めてから改めて読むと、腑に落ちる
ことがたくさん。。

日本はヨーロッパ的な哲学を体系的には生んで来なかったけれど、
お茶や武術や踊り(能)、歌、花など身体を動かしながら思考して来た。
という説があります。

お茶の型は日常の動作を目に見えるくらいゆっくり、
まだるっこしいくらい丁寧に行うことに基づいていますが、
動きを遅らせることで考える時間が与えられる
型にはそうすべき必然性があり、またその型は精神が宿るよりしろ
となるのだそうです。
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK