斎藤ちさとのウェブログ CHISATO SAITO weblog

ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 范寛と李明維(リ−・ミンウェイ) | main | お茶その後 >>
instagram始めました
 ひょんなことから来年
「子育てと美術」というプロジェクトに参加することになりました。
旧知の村田早苗さんが主催されているプロジェクトです。

私自身は子どもを育てた経験はありません。
(今回参加する作家さんは全員子どものいない美術家です)
おそらく今の日本では「子なし」は珍しいことではなくなってしまった
ということになりましょうが、
「子なし」がいかに子育てを考えることは可能か。
というあたりが狙いだと思います(たぶん。。

私、2007年から東京農業大学の一般教養枠で美術の話を
する仕事をしています。
理系の学校ですから、高校で美術を専攻した人は少なく、
後方の学生にとっては睡眠や内職の時間であるかもしれなくて、
といって、アートが好きで展覧会やイベントに足を運びます!
と、目がキラキラしている学生さんも少数ですがいたり。。

自分が学生の頃を振り返ると
実技はどれもムキになってやりましたが、学科は。。。。でした(反省してます)
ただ案外、
今になって、あぁああいう話聞いたよね。と、
断片的に講義の場面や耳にした言葉が蘇ってくる瞬間があるのです!
そう考えると、「今の彼ら」と言うよりは
「10年、15年、20年後の彼ら」も想定して話した方が良い。
というように数年前から考えるようになしました。

話を「子育てと美術」に戻します。

今まだこの世にやって来ていない人、生まれていない人、これから生まれて
くる人に向かって美術の話をしてみたらどうか?

という考えがある時浮かんで、実践してみることにしました。
漠然とSNSが良いと思って、まだ手をつけていなかったinstagramで
試験的に開始しています。
私が拘ってきているモチーフ「つぶつぶ」をひっくりかえして「ぶつぶつ」
と写真つきで投稿します。
お時間よろしければ覗いてくださいませ。

https://instagram.com/saitobandochisato/
Trackback URL
http://cs-diary.geppei.com/trackback/1421736
TRACKBACK