試作や思索 ただのさえずり

ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 浮上 | main | 追随と模倣を許さないものについて >>
R.I.P Ian Curtis
 5/18はJOY DIVISIONイアン・カーティスの命日。
今年は没後33年なのですね。
私がJOY DIVISIONの名前を知ったのは、中学生の時。
残されたメンバーで続けたバンドNew OrderのBlue Mondayという曲を
通して知りました。
しかしJOY DIVISIONをじっくり聞いたのはここ数年のことです。
何ヶ月に一度か周期的に聞きたくなる不思議な音楽。


JOY DIVIOSIONを聞いてしまうと、自分が聞いて育ったの英国のロックはJOY DIVIOSION
に皆影響を受けているように聞こえてしまう。というか、、。
どうなのかな。
レディオ・ヘッドはJOY DIVISIONみたいなバンドをトムがやりたくて作ったバンド。
と読んだ記憶があります。
(また今回の記事には入れませんが、New Orderが見いだしたケミカルブラザーズや
ストーン・ローゼスもその系譜と言えるのかもしれません。)
幸いYOU TUBEにカバーがたくさん上がっているので纏めてみました。


まずはレディオ・ヘッド


スマパン

キュア

ビヨーク

U2


デイブ・ガーン(ディペッシュ・モード)

ピーター・マフィ

ナイン・インチ・ネイルズ


本家のライブ音源がYOU TUBEに上がっていました!
彼の身体は消えてしまったけど、声は聞くことができる。
ありがたい時代です。
バンドウ曰く

「イアン・カーティスのヴォーカルは、ありえない(声)。」

誰も真似出来ないのだと。



Trackback URL
http://cs-diary.geppei.com/trackback/1421602
TRACKBACK