ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 横浜ベイクォーター | main | 携帯常緑 >>
山を撮る(2)

少し前に記事を書いた池坊専応口伝

・・・たゞ小水尺樹をもつて江山数程の勝概(しようがい)をあらはし、
、暫時頃刻の間に千変万化の佳境をもよおす。

この一節は数本の花木、これだけで江山の絶景に劣らない眺めをあらわすこと。
つまり生けられた花や木が花木そのものを離れて、抽象化・虚構化されて
小宇宙になっていること。
これが立花(いけばなの祖)の妙。
と説いています。

花瓶にいけられた(あるいは立てられた)花が、
うつくしい花の美そのものではなく、
ある種の眺め(風景)に変換されていること。

私には最近花をいけることは山を描いているようなものだ。
放射能が降り注いだ/あるいは降り注ぐまでの山
という意識を持って臨んでいます。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK