斎藤ちさとのウェブログ CHISATO SAITO weblog
嗜好品としての『茶』を巡るあれこれから藝術を眺めたり。

ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
びじゅつの欠片 https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
いけかえる


涼しくなりましたけど。(と思って良いのか?)
夏にいける花は毎日、水がすぐ腐るので毎日メンテナンスが必要。
水切りするのだからいけかえます。

今日は横浜の最終日。
明日は朝から搬出です。
横浜には年明けから3月まで通ってすっかり愛着が湧きました。
どんなに会期の長い展覧会もいつかは終わるのです。

見てくださった方、ありがとうございました!

JUGEMテーマ:
残暑中
 

ここ数日、ゲリラ豪雨ですら召喚したくなるレベル。

そんな暑さや秋田岩手の前代未聞の豪雨、今だ収まる気配のない地震。などなど。
異常事態は地球が怒ってる。
という人もいるけれど、確かにそうかもしれないけど
地球は人間の想像を越えてタフな存在じゃないかと。
人類が滅亡する規模の天変地異でも地球にとっては風邪ひいてくしゃみしたみたいな
レベルの話じゃないか。

多分地球にとって原発事故すら蚊にさされるくらいのダメージでしかなく、
環境がこわれて困るのは人間。
環境を壊して人類が滅んでも地球は長い時間をかけて再生するのではないか。
放射能による土地や海洋汚染も困るのは結局人間で
それを地球が怒っているとか何とか言うのは、あまりにもなめてると言うか
おこがましいと思う。
地球にも自然にも畏怖を持って、謙虚に知恵を絞っていかないと。

そんなことを考えてしまうくらいの温度。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
山を撮る(2)

少し前に記事を書いた池坊専応口伝

・・・たゞ小水尺樹をもつて江山数程の勝概(しようがい)をあらはし、
、暫時頃刻の間に千変万化の佳境をもよおす。

この一節は数本の花木、これだけで江山の絶景に劣らない眺めをあらわすこと。
つまり生けられた花や木が花木そのものを離れて、抽象化・虚構化されて
小宇宙になっていること。
これが立花(いけばなの祖)の妙。
と説いています。

花瓶にいけられた(あるいは立てられた)花が、
うつくしい花の美そのものではなく、
ある種の眺め(風景)に変換されていること。

私には最近花をいけることは山を描いているようなものだ。
放射能が降り注いだ/あるいは降り注ぐまでの山
という意識を持って臨んでいます。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン
新春
 

節分を過ぎたので今日からが本格的に新年。
という気がします。
新春。
木々の芽も確実に膨らんできていますね。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
真(しん)が百合


百合を真(しん)にしています。

お正月の松は活けかえのたびの水切りで、少しずつ背が低くなっていくので
今回から真陰(しんいん)→見越し的な扱い。

専栄口伝と植栽のメソッド(進士五十八著「日本の庭園」中公新書より)↓

全体はこちらのブログでごらんください。

松はお正月以外このあたりでは手に入らないので、少しずつ水切りしていって
最後の最後まで頑張ってもらおうかと。

グリーンのアザミみたいな花はシリウス・ウェスター
というそうです。
私が子どもの頃、野に咲いている花で好きだったベスト3は

3.ホタルブクロ
2.スミレ
1.アザミ

でした。
最近読んだ、野の花料理の本に3つとも出ていたので、
食べれるみたい。
いいですね。
放射能の数値の低い土地に行って採取したいです。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
辺角構図

6-8月に小品の展示を予定しています。
大きさがなくてもある程度効果的に見せるために、モチーフの全貌を撮るより
クローズアップのアングルが良いのでは?
と考えています。

となると南宋の辺角山水を研究する必要がありそう。
部分をクローズアップして、見る人に全体を想像させるというやり方。

JUGEMテーマ:アート・デザイン 
侘びる:常緑
 


枯山水の庭の常緑をいけばなに置き換えてみようシリーズ「侘びる」
放射能汚染された生命のオマージュでもあります。

いけばな⇄庭園研究ともリンクしていて
いろいろと発展途上ではありますが、今年も少しずつ進めていこうと思います。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
侘びる:大寒
 

花モチーフの時はいけばなブログも連動して更新しています。
お手透きの時にご覧下さい!

侘びる:寒中の花

侘びるシリーズ。
徐々に調子をあげて行きたいと思います。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
侘び花初め
 


毎年そうなのですが、年末身体が弱って新年に入ると何か腹のそこからふつふつ
元気が出てきます。
ちょうど旅行から帰ってきた時の、身体の中の何かが入れ替わったあの感じ。

府中の展示も一段落してきたので近日、某所の風景を撮りに行きたいと思うところ。
その前に侘び花シリーズにも少し手をつけました。

JUGEMテーマ:アート・デザイン