斎藤ちさとのウェブログ CHISATO SAITO weblog
嗜好品としての『茶』を巡るあれこれから藝術を眺めたり。

ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
びじゅつの欠片 https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
沈黙ーサイレンス



マーティン・スコセッシが監督した「沈黙ーサイレンス」を見ました。

私は小学校から高校までカトリックの学校に通っていまして、
修学旅行は天草・島原・長崎の隠れキリシタン巡礼の旅だったこともあり、
遠藤周作の原作は高校一年の課題で、悩みに悩んで感想文を書いたのを思い出します。
30年の間に自分の考えがどのように変わったのか変わらないのか知りたくて、
公開をずっと待ちわびていました。
想像していた場面が映像化されるのを見てみると、予測以上にきつく
2時間30分で2キロくらい痩せたんじゃないか?くらいのしんどさでしたが、
映像も時代考証(衣装やセットなど)も細やな配慮があり、なによりキャスティングが絶妙で
素晴らしかった。
評判の井上筑後守のイッセー尾形はもちろん、キチジロー窪塚洋介の憎みきれないろくでなしぶりや
モキチ塚本晋也の無垢さ、キリシタン加瀬亮の静かな強さ。。。

基本的な感想は変わらなくて、われながら頑固で呆れます。
原本が手元にないのでうろ覚えですが、15歳の自分はこのように考えました。


もし自分が隠れキリシタンであったなら、信仰は捨てないが殉教はしない。
踏み絵を踏んで信仰を捨てたと思わせて見えないところで祈る。
(魂は売らねぇ的な)
ただ、他の隠れキリシタンや司祭たちに対しては、殉教しても棄教してもどちらでも構わないと思う。
それが魂の自由なんだ。
というような内容でした。青いですね(汗。


それでも、30年の間に知識はそれなりに増え、考える材料も増えました。
例えば10代の頃は何故秀吉がバテレン追放令を出し、幕府が禁教令を出したかまでは
理解が及んでいませんした。
幕府はただただ権力で弱いものから奪う存在として捉えていたのですが
実は秀吉も家康もスペインやポルトガルのカトリック国が南米を侵略して植民地化して
現地の人々を奴隷として扱っていた情報を得ていたのですね。
日本が南米の二の舞を踏まないように、キリスト教を禁じて、更に鎖国に発展。
プロテスタント国は布教と貿易を分けている。との情報からオランダとイギリスとは交易を
すると(後にイギリスはインドに利を見いだし撤退。これは日本にしてみれば幸運でした)
あの時代に凄いインテリジェンス能力だと感心します。
もちろん中央集権という目的はありますが、自国の自立。ということを一番に考えて
の禁教だったのでした。

そのあたりは映画は一言二言、イッセー尾形と浅野忠信のセリフに含まれただけで
(ハリウッドだしね)映画を単純に見れば、
『権力者が信仰の自由を侵害するのに抵抗した無垢な人々と悲劇の司教たち』
のお話になってしまうな。と。
というか、かつての自分はそのように話の筋を読んでいましたから。


司教たちについては、殉教した者もいれば、棄教して日本に残るものもいました。
物語では、出島で輸入品を検疫する場面で棄教した二人、フェレイラがロドリゴに、
「主だけが裁くことができる」
とポロッと漏らすシーンがあり、
「主?」(ニヤリ)
「いや何でもない」
みたいなやり取りがあり、二人が根のところでは信仰を捨てていないのです。

司教という立場を剥奪され教会に所属せず、、社会的には仏教徒に改宗させられ、
それでも彼らの心には「主」が存在しつづけ密かに孤独な対話が続けられた。
「神と私」だけの関係。
社会的な立場を奪われてから、ある種の究極の信仰の境地に達したことが伺えます。
私たちは信仰や神を組織や教団との関係と等しく扱いがちですが、
それはきっと違うのでしょうね。

「神」は「人間」の創造した概念ではあるけれど、
都合良く答えてくれるのなら「人間の範疇」であってそれこそ神ではない。
こちらの都合に合わせて答えてくれないからこそ、私たちの領域を越え、
それは存在しうる。

などと改めて。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ


極上のエンタメであり、美術史のハードコアな部分に対するシリアスな批評であり
バンクシーの強者ぶりに圧倒される、最高に愉快な映画でした。

ストリートアートは、どちらかと言えばプリミティブで美術教育を受けていない人の
痛快な逆襲という解釈をしていました。アウトサイダーアートの文脈に近いです。
しかし、この映画を見て考え方を改めました。

バンクシーは相当なインテリジェントとお見受けいたします。
ストリートアーティストに共通する法や社会と対決する姿勢はもちろんですが、
造型力はすごいですし、美術史に対する造詣も深い。

個人的にクレジットの問題提起も興味深いです。
欧州ならばルネサンス以降、日本ならば室町時代以降
この作品は誰が作ったか。ということは作品を流通させるためにも重要な要素ですが、
バンクシーが身元を隠しているというのは、法に触れるきわどい作品を作って
いることとは言え、近世以降の常識に一石を投じていて、
匿名でネットで不穏な発言が撒かれる時代のイコンになっている。
(ネットで匿名で他人を刺す人間を賛美しているのではありません。念のため)

確実に元気の出る映画!!

JUGEMテーマ:アート・デザイン

El Bulli: Cooking in Progress

エル・ブリの名を初めて知ったのは8年ほど前。 
分子調理法なる調理方法で、厨房にフライパンや鍋がない との記事を読んで、
なんと言う料理のポストモダン。と驚愕しました。 
素材をゼリーとか泡にして食べちゃえ。という。
伝統料理のシェフなどからは、フルボッコにされているようですが、
煮こごりや寒天や葛湯やわらび餅が好物の自分としてはもう興味津々!


しかしコンビニ弁当が料理のそれらしいコピー(飯田啓子女史の作品必見)
ということや。
人類は素材の毒素や灰汁を抜いたり、自然をあらゆる方法で加工して食べてきた歴史を
考えると、
もしかすると料理の歴史を正しく展開させているのかも?
とも考えられる。

この映画は絶対みます。
レストランは現在閉めて財団に組織変革中らしいのですが、いつか体験してみたい!

こちらの記事も併せてどうぞ。

 UGEMテーマ:アート・デザイン
カート・コバーン/ジョン・ライドン


実を言えば、写真で何が好きかといえば、報道写真が好きだし。
意識してこなったけれど、ドキュメンタリー好きらしいです。

先日のJOY DIVISIONに続いて音楽系のドキュメンタリー映画
「Kurt Cobain About a Son」「The Punk Rock Movie」を続けてみました。

前者はニルヴァーナのカート・コバーンが生前行ったインタビューの音声に、関係あるよう
な、ないような映像が重ねられているもの。
「ビートルズとサバスを重ねたらどうなるか、、。パンクもポップも両方入っているもんが
作りたい、、。」
「パンクの客はポップな部分が嫌だろうし、ポップが好きな客はハードな曲が嫌だろうな、、」
Smell like teen spiritを聞いた時の衝撃は、試行錯誤の結果だったと改めて敬意。
勇気のある試みに合掌。

後者は77年に行われたいろいろなバンドのコンサートの映像が収められているもの。
スリッツとかスージー&ザバンシーズとかピストルズとかクラッシュとか、、。
映像はボケボケだし、音もボコボコだったこともあるけれど、
一番最後にピストルズ後、83年のジョン・ライドンのインタビューがあって、
面白かった。パンクが出現した当時を
「音楽がみんなプログレになっちまって、退屈だった(からパンクが出現)」
というあたりが印象的。

しかし、先日のJOY DIVISIONはパンクが単純すぎて、あっと言う間に行き詰まったのを
打開したバンドだったことを考えると。因果は巡る。

「俺は常に進化してんだよ」というジョン・ライドンP.I.Lのこの曲は充分パンクじゃない?


JOY DIVISION


見そびれてた「JOY DIVISION」を近所のTSUTAYAで発見しました。
イギリスの伝説的なバンドJOY DIVISIONを巡るドキュメンタリー映画です。
欧州ツアーの後、初の全米ツアーに出発する前日に
ボーカルのイアン・カーティスが自殺するという悲劇に見舞われます。
残されたメンバー3人はニューオーダーになった話は有名ですね。
ライブやリハーサル映像と、残された関係者の証言で構成されています。

結末が最初から解っているので、あまりストーリーに感情移入しないように見ました。
このバンドは1978年に結成され、1980年に活動を停止するので、アルバムとしては
2枚発表したにとどまっています。
それにしても驚かされるのは、その音楽の先駆性。
70年代に作られたにもかかわらず、彼らの音楽は今もってめちゃくちゃカッコいい!
ちっとも古くなってないのです。
あ〜あの時代の空気。みたいなノスタルジーが全然感じられない。
音バランス良くないですが、リンク貼ってみます。
歌うイアンが超俗的に美しく、
その表情は生身の人というよりは、ガンダーラあたりの仏像に近いです。



この映画を見て、
私が敬愛してきたイギリスのロックやテクノの背後にはこのバンドがあったのか。
と、腑に落ちました。
何というか、人知れず夭折したご先祖さまに出会った気分です。
しかも、30年経って今だ輝きを放っている音楽。
更に30年経っても輝いているであろう音楽。
こういうものに出会うと、年を取るのが俄然楽しいことだと思えます。

それから、証言する関係者の構成が観客のイマジネーションを刺激する作りとなっていた
のが印象的でした。
特に、イアンの自殺の要因の一つであったと推測されている三角関係、妻と愛人。
愛人の方は淡々と想い出を語るのですが、
妻は顔を出さずに、書面のみで登場する。
画面の愛人の女性が未だ理知的な美しさを放っていて、その美しさと冷たい書面の
画面の対比が、恐ろしい。

もうひとつリンク貼ります。
美しい曲で、「愛が私たちを引き裂いていく」というタイトルはイアンの墓碑にも刻まれているそうです。
仏教では、愛=執着なんですよね。



スカイ・クロラ
先ほど押井守監督の「スカイ・クロラ」を見てきて圧倒されて脳みそがグルグルになって
います。
CGと平面的なアニメーションの絵のマッチングが絶妙。
この方はソフトフィルターのようなエフェクトのかかった画像が定番ですが
、いづれもセンチメンタルでなくクールで美しい。
逆光のシーンが印象的。
雲の上のシーンも凄いよ。

「凡人として生きるということ」も買って読んでます。
彼の映画は単に現代の世相を反映するだけでなく、
根底にとてもまともで健康な精神がメッセージとして込められている。
お腹いっぱいです。
ZIDANE
数年前気にしつつも見逃した映画のDVDを買った。
イギリスのアーティスト、ダグラス・ゴードンとフィリップ・パレーノが監督した
ドニュメンタリー映画「ZIDANE」である。

2005年4月23日4月23日のレアル・マドリードとビジャレアルの試合を、ボールを追わずに
ジダンの顔や上半身や足元をひたすら追い、映し続ける映像。
レアルのメンバーはロベルト・カルロス、ベッカム、ロナウド、フィーゴ、ラウル、オーウェン、、、すごい面子なんだけどちっとも映らない。
いや、よくよくよくよーく見るといる。
ボッ、ボンッ、、、、、、ボンッ。という誰かがボールをキックする音と、たまに中継画像が挿入されているので、
それで試合運びを想像するしかない。

昔テレビでテニスの試合を見ていて、プレイヤーの動きを追うより、
画面を見ずに球の音を聞くのが心地よいと思ったことがある。
F1やカーレースも映像よりエンジンの音が記憶に残っている事を思い出す。

しばらく慣れるまでとまどうが、ボールのキック音をじっと聞いていると、
段々に、映像よりもボールの音や観客の歓声で何となく試合の試合の流れが見えてくるのが不思議だ。
目は見ていないものが、見える。
掴める。という方が的確かもしれない。

「ひとつの試合を最初から最後まで覚えていることはない。ただ断片が残っているだけだ、、」
時々挿入されるジダンの言葉も何やら象徴的。

細部から全体を予測することは可能だ。
世界を見るのに必要なのは肉眼だけではない。

そんなことを考えさせられた。
そしてとどめは、後半39分でジダン切れる、ベッカム押さえるが、レッドカード。
この次の年,2006年のW杯ドイツ大会の前触れのようなシーンが、、、。

ちょっと出来過ぎではないか。と思わないでもないけど、
この日に撮影を行ったゴードン&パレーノ両氏に拍手。
こういう神業のようなタイミングを掴めるのもアーティストの力量。
音楽のモグワイも良い。
エンターテイメントではないけど、映像も美しいし、哲学的な示唆に富んだ作品。
これ、授業で使いたいと思います。

余談だが、ジダンのあの種の行動はどうしても自爆テロと重なって見えてしまうのだが、
引退後はコーチをする傍ら慈善活動に力を入れているらしい。
あの顔は精神的な葛藤が生んだ賜物なのかな。と他者としては想像するしかない。