試作や思索 ただのさえずり

ウェブサイト http://geppei.com/06_saito/cs_index.html
いけばなBlog http://contemporaryart.geppei.com/
インスタ https://www.instagram.com/saitobandochisato/
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
rising
waiting


TOKYO


lands
roses


来月末に神奈川県の大和市で開催の『ART×しゃべる』展覧会に参加します。
作品を前にして市民の方々がお互い自由に意見を交換し合うというワークショップが趣旨にあるもので、
女子美の洋画研究室とNPO ARDAさんの協働展覧会に卒業生として呼んでいただきました。
卒業生2名と在学中の学生さん11名の展覧会です。
先月末顔合わせで久しぶりに母校に顔を出して、学生さんたちの作品も拝見しました。
リハビリ始めたてということもあり、20前後の人たちの可能性に満ちたエネルギーに圧倒されつつ、
私のそのくらいの時ってどんなだったっけ?
思い立って19歳くらいの時によく聞いてた音楽をYOU TUBEに見つけました。
The STONE ROSESというイギリスのマンチェスター出身のバンドです。



私は10代(中高生時代)を居心地悪く鬱々と過ごしていたのが、美術予備校に通い出して
自分のに軸みたいなものが通った感じがしたのです。
現役で大学には行けず、一年浪人しましたが、それより高校から脱出できたのが嬉しくて。
そんな時に出会ったのが、The STONE ROSESでした。
ニューオーダーのピーター・フックがプロデュースしたインディーズの盤です。
彼らの音楽を聴いた時、音の粒が天からシャワーみたいに降ってきたように感じられ、
その音粒子たちを浴びた時、私の忌まわしい10代が終わる!と確信しました。
今思い出しても、反省は色々あるのですが、あの頃には2度と戻りたくないですね。。
段々と楽しくなってきましたし、今が一番面白い!

私の10代終盤というのはもう30年近く昔で、音楽はレコード盤からCDに移行する時期で、
最後に買ったレコードがこのバンドです。
彼らはアルバムを2枚だけ発表して解散したはずで、ギタリストに至っては画家に転身して
もう音楽はやらないとか言っているのを10年くらい前に見たのですっかり「今はなき」
と思っていたのですが、数年前に復活していました!
しかも演奏が若い頃より良くなっている。。
何だか嬉しくなっちゃいますよ。もう!

これは若い頃の彼ら
TKJ



まだ新しい市場には行けてないのですが、豊洲に行った方や中の人たち曰く
お昼過ぎまで飲食店が大行列みたいです。
築地の町は少し静かになりましたが、観光客は相変わらず。
sunday noon

11月になりまして、今月いっぱいかけての仕事生活ともに平常運転に向けてリハビリ始めました。
体力的には一日動いたら一日休むくらいのペースで、
意欲は出てきましたが、まだ思うように身体が動かず状態に戸惑うことが多いですが、
腹をくくるしかなく。
身体と心と意志って別の動きをするのだね、というのを別の自分が観察している
ところでもあります。